アディックの家づくり: 基本構造・ライフスタイル
ホーム > アディックの家づくり > 基本構造・ライフスタイル

基本構造

強くてフレキシブルな構造

基本構造には「在来軸組パネル併用工法」を採用。これは、昔ながらの柱と梁で構成された軸組に、面で支える構造用パネルを組み合わせるもので、在来工法の柔軟さと2×4工法の面の強さを併せ持っています。

断熱性能と強度を併せもつ構造パネル

湿気などによる断熱性能の劣化が殆どないポリスチレンボードを、壁と屋根パネルに組込むオリジナルパネル工法により、家全体を均一に断熱。また、壁の外側に通気層をつくり、構造材の結露を防ぐとともに、室内の温度差が少なく、すぐれた省エネルギー性を実現します。

無垢材のよさを活かした空間

内装は無垢材にこだわります。木には断熱効果や調湿作用があり、無垢材のフロアは夏はさらっと爽やか、冬は天然の床暖房のような温もりです。 また、構造材を露出する勾配天井は、圧倒的な開放感と力強さを演出します。

ワンランク上の高性能サッシ
窓は断熱のウィークポイント。アディックでは樹脂とアルミの複合サッシに高性能断熱ガラスLow-Eを標準装備。一般の複層ガラスと比べ、外からの紫外線や熱を大幅にカットします。
床下の湿気をシャットアウト
基礎は高強度で安定感にすぐれたベタ基礎。どだいには耐久性の高い樹種を私用します。十分な床下換気をはかる基礎パッキンや防湿シートを敷き込み、土間コンクリートにより地盤からの湿気を防止します。

ここにはスローな暮らしがよく似合う。

太陽の光が差しこみ、季節の風が通り抜けていく。素材も家族とともに、住まいの中で生きていく。
日常でまわり続ける時計を自然に合わせてみると、なんでもない毎日が、なんだかとても贅沢に思えてきます。
ここだけのゆるやかな時間、豊かな日常。アディックで、あなたはどんな暮らしをかなえますか。

たとえば、自然とこころが通う吹抜け
ソファに寝転ぶと一段と高い天井。ロフトではこどもの声が楽しそうに響いている。そんなお互いの気配を感じ合う吹抜けが中心の住まいなら、気持ちは自然と通い合うのかもしれない。
たとえば、季節を楽しむオープンリビング
遠くへでかけるのは楽しいけれど、日常でちょっとした変化に気づくのも楽しい。ウッドデッキ、サンルーム、ここには季節の変化があふれている。
たとえば、薪ストーブの温もり
パチパチ燃える火は、体の芯からあたたまり、「見ているだけで元気になるんだよ」っていう人がいた。薪ストーブにはふしぎな力がある。
オーダーメイドなら、ひとあじちがう
たとえば、旅先で集めたグラスをいつでも眺められるコレクション棚。たとえば、古材をリメイクしたダイニングテーブル。たとえば、あなたならどんな家具をオーダーしますか。
ページトップへ