ADC HOME

アディックの家づくり

基本構造

強さとしなやかさを併せ持つ構造
住宅の基本構造には「在来軸組パネル併用工法」を採用しています。これは、昔ながらの柱と梁でつくられた軸組に、面で支える構造用のパネルを組み合わせた建築工法で、耐震性の強さと、将来のリフォームにも対応しやすい柔軟さを併せ持った構造です。
優れた断熱性能がもたらす省エネルギー性
壁と屋根のパネルに、湿気などによる断熱性能の劣化がほとんど無いポリスチレンフォームを組み込んだオリジナルの工法で、家全体を均一に断熱します。また、壁の外側に通気層をつくることで結露を防ぐので、室内の温度差が少なく優れた省エネルギー性を実現します。
無垢材のよさを活かした空間
無垢材にこだわった内装は、夏はサラッと爽やか、冬は暖かで年中調湿作用も効いています。他社では使われていない無垢の厚板の床材を使うことにより、一年中Tシャツ1枚で過ごすことができるほどの快適さを実現。さらに、開放感が生まれる勾配天井を取り入れることで、より空間の変化を演出できます。
紫外線などを大幅にカットする
高性能サッシ
樹脂サッシには、高性能断熱ガラス「Low-E」を標準装備。外からの紫外線や熱を大幅にカットすることができます。窓ガラスの品質は、断熱性能を左右する重要なポイント。だからこそ、妥協はせずに高品質なものにこだわっています。
床下からの湿気を
完全シャットアウト
基礎は高強度で安定感にすぐれた、耐震性を高めるベタ基礎。土台には耐久性の高い桧を使用します。基礎のベースと立ち上がりを一体に打つキンクリートは白アリの侵入を防止すると共に、防湿シートを敷き込むことで、地盤からの湿気を完全にシャットアウトします。
床下エアコン暖房を
標準装備!
アディックホームでは、家を建てる際には床下エアコン暖房の設置をおすすめしております。1階から2階まで家全体をちょうど良い温度に保ち、維持費もお手軽になるなどといった多くのメリットがあり、寒さの厳しい冬の富山の暮らしで大活躍します!
詳しくみる