使い勝手のいいキッチンを手に入れるためのポイントを伝授します! | COLUMN | アディックホーム

COLUMN

2023.11.30

使い勝手のいいキッチンを手に入れるためのポイントを伝授します!

キッチンはただの料理の場所ではありません。
それは家庭の心、文化の交差点、そして人々が集まる場所です。
この記事では、キッチンのレイアウトや設計におけるよくある失敗とその回避方法、そして自分自身や家族に合った最適なレイアウトの選び方について解説します。
この記事が、あなたの理想のキッチン作りの一助となれば幸いです。

 

 

□使い勝手のいいキッチンのレイアウトの選び方

ここでは使い勝手の良いキッチンについて、「I型」「Ⅱ型」「L型」「U型」の4つをご紹介します。

・I型レイアウト
I型のレイアウトは、冷蔵庫、シンク、コンロが一列に並ぶ形です。
このレイアウトの最大の魅力は、そのシンプルさと効率性にあります。

しかし、移動距離が長くなりがちなので、小さなキッチン空間に最適です。
このレイアウトは特に一人暮らしや、狭いスペースを最大限に活用したいと考えている方におすすめです。
シンプルながらも、スマートな収納アイデアを取り入れることで、より使い勝手の良い空間に仕上がります。

・Ⅱ型レイアウト
Ⅱ型はコンロとシンクが分かれているため、調理と洗い物が同時に行えます。
このレイアウトは、オープンキッチンでよく見られ、対面式にすることでコミュニケーションが取りやすくなります。

ただし、床が汚れやすいので、掃除の手間を考慮する必要があります。
この形状は特に家族が多い、またはよく友達を招くような場合に最適です。
対面が取りやすいので、料理をしながらでも会話が弾むでしょう。

・L型レイアウト
L型は、コンロとシンクが90度の角度で配置される形です。
この形状により、調理動線が短くなり、作業がスムーズに行えます。
ただし、コーナー部分がデッドスペースになりやすいので、収納計画が必要です。

このレイアウトは、特に中型から大型のキッチンに適しています。
角度が生む効率性を最大限に活かすためには、コーナー部分に回転式収納などを取り入れると良いでしょう。

・U型レイアウト
U型は、キッチンの三方を囲むような形状です。
このレイアウトは、作業スペースが広く、収納も豊富に確保できます。
しかし、広いスペースと高い予算が必要なので、計画的に進める必要があることには注意しなければなりません。
この形状は、特に料理が趣味で、多くの調理器具や食材を収納したいと考えている人にぴったりです。

 

□キッチンのよくある設計失敗とその回避方法

キッチンの設計で失敗するのは避けたいものです。
ここではキッチン設計のよくある失敗例について紹介しますので、しっかりと押さえておきましょう。

1.視線の問題

オープンキッチンは開放感がありますが、キッチンの中が見えやすいのが難点です。
この問題を解決するためには、腰壁やスクリーンで目隠しをする方法があります。
また、高い位置に窓を設置することで、自然光は取り入れつつ、視線を遮ることも可能です。
プライバシーを守りつつ、開放感も楽しむ方法は多々ありますので、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

2.通路幅の誤算

通路幅が狭すぎると、複数人での作業が困難になある一方で、逆に広すぎると、移動距離が長くなり、効率が悪くなります。
通路幅は最低でも90cm以上を確保することが推奨されています。

また、家具や収納を配置する際にも、通路幅を考慮する必要があります。
計画段階でしっかりと通路幅を確保することで、後々のストレスを避けられます。

3.照明の不足

キッチンは明るくなければなりません。
暗いキッチンは作業効率が落ち、事故のリスクも高まります。
照明計画をしっかりと立て、作業スペースには十分な明るさを確保しましょう。
また、ダウンライトやペンダントライトなど、照明の種類も豊富にありますので、自分の好みと用途に合わせて選びましょう。

□自分に合ったレイアウトの選び方

ここではご自身に合ったキッチンのレイアウトの決め方について3つご紹介します。

*家族構成とレイアウトを考慮する

家族構成によって、最適なキッチンレイアウトは変わります。
例えば、子どもがいる場合は、ペニンシュラやアイランドキッチンがおすすめです。

*キッチンの利用人数

キッチンを使う人数によっても、レイアウトの選び方が変わります。
一人暮らしの場合、I型やL型が十分ですが、家族が多い場合は、U型やアイランドキッチンが適しています。

*キッチンに求める価値

キッチンに何を求めるかによって、最適なレイアウトが変わります。
作業効率を重視するならI型、コミュニケーションを大切にするならアイランドキッチンがおすすめです。

□まとめ

キッチンは家庭の中心であり、日々の生活を豊かにする場所です。
だからこそ、しっかりと計画を立て、自分や家族に合った最高のキッチン空間を作りましょう。
今回ご紹介した内容をしっかりと考慮し、計画を進めることで、理想のキッチンが現実のものとなるでしょう。

この記事が、あなたが求める理想のキッチン作りの参考になれば、何よりです。
当社では、富山市エリアでお客様の理想の家づくりを行っております。
家づくりをご検討中の方はお気軽にご相談ください。